Scroll

「常に新しい技術に目を向けること」
「既存の技術をより深堀りすること」

カテゴリ:Unity
タグ:,,
公開日:2021/02/22(月)

Unity触ってみました

以前から興味のあったUnityに触ってみました。

今回はUnityで3Dの家具を配置するシミュレーターっぽいものを作ってみたので紹介したいと思います。

作成環境

Unityバージョン:2020.2.2f1
利用Aseet:Big Furniture Pack

紹介内容

今回のシミュレーターっぽいものを作成する上で重要な部分のみ紹介していきます。

1.カメラの視点変更

カメラの視点を変更して配置した家具を色んな角度から見れるようにしてみます。
下記のサイトを参考にスクリプトファイルを作成しています。

参考サイト:[Unity3D]プレイヤー中心に回転・拡縮・追従するカメラ

CameraControll.csファイルを作成

作成したファイルをカメラのScriptに設定することで、視点が変更できるようになります。

2.3Dオブジェクトの移動

配置した家具を動かせるようにしてシミュレーターっぽくしてみます。

参考サイト:Unity 3D tutorial : Drag Gameobject with mouse

MouseDrag.csファイルを作成

作成したファイルを配置した家具のScriptに設定することで、動かせるようになります。
(家具には別途、rigidbody と collider を設定しておく必要があります。)

最後に

上記のScriptを作成することでシミュレーターっぽいものができました。
後は家具を選べたり、床や壁を変更できるようにすればより完成度が高くなると思います。

この記事を書いた人:ヤス

シェアのご協力をお願いいたします!

カテゴリー

アーカイブ