B3Sロゴ

届く声がシステム開発の原動力

menu close

IT事業方針

当社はメーカーですがIT化に力を入れている会社です。
当社のコーポレートスローガンである「アイデアをカタチにする」を実現するには情報システム部門だけでなく、全社員が知的生産活動に集中できる環境が大事になります。
IT事業部はその先頭に立ち、当社DXを推進するのがミッションです。

技術を深く理解して使いこなせるようにすることで、システムをより高度なものにするよう積極的に取り組んでいます。

ABOUT事業内容

当社におけるシステム開発からWebサイト運用までワンストップでのシステムサービスを提供しています。
またシステム開発は100%内製しており、現場の意見を反映させた仕様を設計できるだけでなく、スピーディな開発とグロースハックが実現できています。
知識や経験を蓄積する会社の頭脳作りは必ず会社とそのビジネスの成長に繋がります。

社内向けシステム開発やインフラ構築だけでなく、取引先様へのサービス提供から一般利用者様が利用するアプリ開発まで、幅広い分野でエンジニアが活躍しているプロフェッショナル集団です。

1
開発・保守

当社ではフルスタックエンジニアとして活躍してもらうため、基本的に1プロジェクト1人でシステムの設計・開発を行い、そのまま運用管理や保守を担当しています。
運用管理・保守も同じ社員が行うことで、実際に利用している社員から生の声を聞くことができ、改善時の課題や連携システム開発時の要件定義に活用します。

2
インフラ

サービスの要求水準に合わせて「オンプレミス」「クラウド」環境のサーバーを選定し、設計から構築、運用までを一貫して自社内で行っています。
一連の業務を全て内製化することで、スピード感を持ち、よりフレキシブルで高効率な利用環境の提供を実現しています。

3
教育・研究

新しいシステムが完成した際に、部署のメンバーでコードレビューを実施しています。
コードに対する気づきや発見を事前に共有することができ、お互いのプログラミングスキル向上にとってよい効果があると考えています。
また新しい技術に対する社外セミナー情報も社員たちで共有しあい、積極的に参加しています。

WORKS
当社の開発システムと公開サービス

当社の主力事業である商品企画立案から発注、販売、広報、サポートまで一貫して支援する統合システムを運営しています。
現在のビジネスでは物流や広報などをはじめ、めまぐるしい状況変化に伴い柔軟な運用が求められます。
その運用変化による負担を軽減するために機能の改善を続けています。

そして成熟したシステムは社内だけでなく取引先様でもご活用頂けるよう、サービス化を進めています。

  • face
  • language
  • verified_user
  • desktop_windows
  • phone_iphone
  • tag_faces
  • wifi

2bs

“to be-shared” 名刺をクラウドで共有する、名刺管理サービスです。

LINKAL

取引先の方とのやり取りをスムーズに行うためのビジネスコレポンツール。

電子メールやチャットなどの弱点を補い、多人数での情報共有に優れています。

貿易管理

協力工場や海外の取引先様と行われる商品の輸出入を管理しているのがこのシステムです。

在庫管理

全ブランドの商品在庫を管理するシステム。

当社はBtoCではなく基本的にBtoBで取引を行っているため、リアルタイムで見られる在庫システムは重要です。

VoIPソリューション

社内・クラウドにIP-PBXを構築・設置し、電話をIP化しています。

IP化することで、PC連動ソフトフォン等が利用でき、オフィスコミュニケーションの向上と効率化を図れます。

ENGINEER BLOGS