Scroll

「常に新しい技術に目を向けること」
「既存の技術をより深堀りすること」

カテゴリ:データベース
タグ:
公開日:2015/11/18(水)
最終更新日:2021/08/05(木)

条件付きのCOUNTクエリ

プログラム構成において頑張りどころはいろいろあれど、僕はSQLで頑張るのが好きです。

条件付きでCOUNTクエリ発行出来たらいいのになって考えたこと無いですか?
もちろんサブクエリ使えば何とでもなりますが、サブクエリ無しだとどうでしょう?

例えばこんなテーブルscoreがあったとして

id point
1 50
2 30
3 70
4 10
5 20

30point未満の件数と50point以上の件数を欲しい場合、普通に考えるとこんなクエリになります。

これを一度で取得したいと思いませんか? 思いますよね?
こんなカンジデイケます。

条件付きCOUNTクエリ:取得方法その1

クエリ

解説

ポイントはCOUNT関数の仕様です。

COUNT関数はアスタリスク(*)を使用するとグループ内の全レコード数を返し、以外を指定した場合、NULL値 をカウント数に含めない。
さらに DISTINCT を指定すると重複した値の行をカウントに含めない。

つまりCOUNTで式が利用できることに気付くのがミソです。

ちなみに、多値論理である3値論理の論理演算が苦でなければ、こちらのほうがスマートです。

条件付きCOUNTクエリ:取得方法その2

クエリ

解説

3値論理の論理演算で下記になることを理解出来ていると難とないことですね。

  • (TRUE AND NULL) → NULL
  • (FALSE AND NULL) → FALSE
  • (TRUE OR NULL) → TRUE
  • (FALSE OR NULL) → NULL

みなさんも頑張れることはとにかくSQLで頑張ってみませんか!

この記事を書いた人:えだ


シェアのご協力をお願いいたします!

カテゴリー

アーカイブ