B3Sロゴ
menu close

Laravel

Laravel6を使ってみました


ヤス

更新日:2021/08/12


Laravel5.2から、Laravel6に乗り換えました。
メジャーアップデートは中身が結構変わるイメージがあったんですが、個人的には変更点があまりなくスムーズに乗り換えできました。

Laravel5.2からLaravel6になって、簡単にできるようになった機能や今まで使ってなかった機能について紹介したいと思います。

Laravel6 のインストール方法

Composer経由でインストールできます。
下記コマンドでLaravel6 の最新版がインストールできます。

ログイン方法の変更

上記のコマンドでインストールすると、ログイン画面が最初から用意されています。
ログインに使用するDBのテーブルを変更したかったので調べてみました。

下記の方法でテーブルや使用するカラムを変更できます。

ログインに使用するIDの変更

App/Http/Controllers/Auth/LoginController.php に下記を追加します。

ログインに使用するテーブルとパスワードの変更

App/User.php に下記を追加します。

ログイン条件の追加

パスワード以外にログイン使用する条件を追加する場合
App/Http/Controllers/Auth/LoginController.php に下記を追加します。

Slack通知

Laravel6 ではloggingの機能に標準でSlack通知する機能が搭載されています。
※利用にはSlack アプリの「Incoming Webhook」を使用します。

設定方法

config/logging.php を利用します。

利用方法

下記コードで利用可能です。

メール送信

Laravel5でも利用できますが、今まで利用したことがなかったので記載しています。

Mail機能を利用

resources/views/main.test.blade.php を編集

送信の設定は.env を編集

SQLの実行ログを自動記録する

初期設定ではSQLの実行ログを記録できませんが、
設定を追加することで自動的に記録することができます。
こちらのサイトを参考にさせていただきました。