Scroll

「常に新しい技術に目を向けること」
「既存の技術をより深堀りすること」

カテゴリ:アプリ&拡張機能
タグ:
公開日:2021/02/26(金)

Flutterでアプリを作りたい男の調査記録

はちです。社内でそろそろアプリが作りたいなと思い立って色々調査したので備忘録がてら記事を投稿しています。

アプリを作りたいと思った理由

・作ったこと無いから
・サーバーエンドはPythonとかちょっと触れるようになったし
・そろそろ新しい技術を使ってみたいし
・Webシステム系の言語(Javaとか)はPHPでお腹いっぱいだし
・社内で需要ありそうだけど体制がないから覚えたいっていうのもある

開発環境構築

・iOSとAndroid、両方対応したいのでFlutterを採用
・OSはとりあえずWindows10(Ubuntu Desktopでも環境構築◯)
・Android Studio入れると端末エミュレーションが出来るようになる
・慣れたエディタが良いのでVS Codeで作る
・VS CodeにFlutter+Dart用の拡張機能を導入する
・Android SDK、Flutter SDKを導入する
=全部で2,3時間で環境構築できました(知識なしから)

今回作ったアプリ(っぽいもの)

・DB=MySQLから値を取ってきて、リストに出力するだけのアプリ
・スケジュールとか商品一覧とか作るのを後々想定して。
・リモートDB参照できないと社内アプリの需要満たせ無さそう

設計した上で悩んだこと

・UIの作成はどうするか?
→次に説明
・DBへのアクセスはどうするか?
→次の次に説明
・iOS版のエミュレートとかビルドどうするか
→iOS版のエミュレートは基本的にAndroidと一緒らしいので
エミュレートでデバッグするんじゃなくて実機デバッグが良いらしい
→ビルドはMac本体がないと出来ない

UIの作成はどうするか? その1

・FlutterでUIを構築するのはすべてソースコードで構築が必要
→直感的じゃない、わかりにくい

UIの作成はどうするか? その2

・支援ツールを使うことで多少は解決出来るか
→Adobe XD to Flutter(Adobeが公式に対応している)
→→直感的にUI設計してDartファイルで出力できる
→Hot UI
→→Flutter公式製のUI開発プラグイン(IntelliJ用)
→Flutter Studio
→→2年位更新されてないけどかなり直感的で使いやすかった
・細部はソースで調整必要だと思います

DBへのアクセスはどうするか? その1

・Flutterに一応MySQL接続パッケージがある
→SQLJocky import ‘package:sqljocky5/sqljocky.dart’;
→mysql1 import ‘package:mysql1/mysql1.dart’;
・そもそもアプリで直接サーバー接続して良いのか?
→考えてみたけど、良くないですね。
→アプリのために口を開けるガバガバなサーバーがあってはならない。
・どうするのがベストなのか?
※パッケージ=Pythonでいうライブラリみたいなもん

今回のサンプル

動作サンプルイメージ

ソースサンプル

あとがき

今回はざっくりまとめましたが、アプリ開発は今まで経験してきた開発業務より考えることが多そうです。
実現できれば、より色んなことに挑戦していけると思いますが、コストと相談したいですね。

この記事を書いた人:はち
野球と競馬のデータが好きな男。 裏の姿は夜な夜な競馬予想AIのメンテを続けている中年。


シェアのご協力をお願いいたします!

カテゴリー

アーカイブ