Scroll

「常に新しい技術に目を向けること」
「既存の技術をより深堀りすること」

カテゴリ:PWA
タグ:
公開日:2019/02/22(金)
最終更新日:2021/08/12(木)

[PWA] PWAでWebサイトをアプリ化してみよう ~プッシュ通知編~

はちです。前回から1ヶ月ほど空いてしまいましたが、今回はPWAアプリで、通知を出す処理を実装していきます。

前回の記事:「PWA導入編」はこちらからどうぞ

トークンをブラウザから取得しておく

前回も記載しましたが、トークンはajaxでDB格納とかしてあげるのが1番良いと思います。
※先のDB処理を実装している場合は省略してください。

通知テストしてみる

先程メモしておいたサーバーキーとブラウザを通知許可した際に取得したトークンを使用します
※テストするのに1番早いのでcurlでjsonを直でぶん投げます。

適当なLinuxのサーバーにログインして

to取得トークンで送る場合は1回の送信で最大1000件まで送れるそうです。
1000件以上の場合は、別処理でもう1度投げるか、トピック機能を使うと良さそうです。

通知処理をPHPで実装する

要はcurlでキックできればいいので、PHPでキックする処理を適当に作っていきます。
開発言語は正直なんでも良いです。Pythonのほうが早ければPythonでもいいかと。

PHPの処理はかなり雑ですが、メイン処理をした後にこいつでcurlをキックすると、端末にプッシュ通知が届きます。
思った以上に簡単だと思いませんか?(ちなみに前回も書きましたがiOSではプッシュ通知はまだ受け取れません(´・ω・`))

次回はPWAで何かテクニックがあれば書いていこうと思います:)

この記事を書いた人:はち
野球と競馬のデータが好きな男。 裏の姿は夜な夜な競馬予想AIのメンテを続けている中年。


シェアのご協力をお願いいたします!

カテゴリー

アーカイブ