Scroll

「常に新しい技術に目を向けること」
「既存の技術をより深堀りすること」

カテゴリ:Windows
タグ:
公開日:2016/06/30(木)

MS-DOSでファイルの作成者を確認する

MS-DOSでファイルの作成者を確認する



ファイルサーバーがゴミゴミしてきました。
誰かが一時的にファイルを置いて消していないのが原因です。

犯人はこの中にいる!
そんな時はこのコマンドです。


ホントは権限を確認するコマンドなのですが、所有者情報を取るコマンド(dir /q)だと芸が無いのでテクってみました。

ちなみに、もちろんちゃんとAD参加していないと
「アカウント ドメインが見つかりません」
とか
「このワークステーションとプライマリ ドメインとの信頼関係に失敗しました。」
とか言って怒られます。

動作検証を行ったのは次のバージョンです。
Microsoft Windows [Version 6.1.7601]

MS-DOSで特定のユーザーが作成したファイルを検出する



ちなみに特定の犯人がどんなファイルを作ったかを探すにはこんなのでいけます


今日もサーバー平和の為に働いているのを実感します。

この記事を書いた人:えだ

シェアのご協力をお願いいたします!

カテゴリー

アーカイブ