Scroll

「常に新しい技術に目を向けること」
「既存の技術をより深堀りすること」

カテゴリ:EC-CUBE
タグ:
公開日:2016/06/13(月)
最終更新日:2021/08/10(火)

EC-CUBE2管理画面で配送伝票番号を追加しよう

EC-CUBE2の管理画面上で売上があった商品を配送会社を使って配送しないといけませんが、配送伝票番号を入力する項目がありません。

これでは、後から配送番号からの検索して受注を特定することができないので、今回はその項目を追加します。

EC-CUBE2管理画面で配送伝票番号を追加しよう

まず項目を追加します。
対象ファイル
\data\Smarty\templates\admin\order\edit.tpl
※「入金日」と「発送日」の間に以下を追加


対象ファイル
\data\class\pages\admin\order\LC_Page_Admin_Order_Edit.php

※LC_Page_Admin_Order_Editクラスのvar $arrShippingKeysのarrayに以下を
‘haisou_denpyou_bangou’, // 追加


「dtb_shipping」テーブルにカラム追加

これで「配送伝票番号」の項目ができます。

つぎに検索フォームに「配送伝票番号」追加します。

対象ファイル
\data\downloads\plugin\DeleteOrderRecovery\templates\admin\order\result_list.tpl

※プラグイン追加で対象ファイルが変更されている下記ファイルも変更
(\data\Smarty\templates\admin\order\index.tplも同箇所を修正)


対象ファイル
\data\Smarty\templates\admin\order\index.tp


対象ファイル
\data\class\pages\admin\order\LC_Page_Admin_Order.php
※public function action()内


※public function lfInitParam()内の


※public function buildQuery()内の


※ public function findOrders()内の

 


これでEC-CUBE2で配送伝票番号を入力して使用できます。

この記事を書いた人:はち
野球と競馬のデータが好きな男。 裏の姿は夜な夜な競馬予想AIのメンテを続けている中年。


シェアのご協力をお願いいたします!

カテゴリー

アーカイブ